社会連携教育

 

地域や社会と連携した全学共通科目があります。

 関東学院大学では大学生活の4年間を、幅広い教養や専門分野の学びに加え、大学内だけではなく地域や社会との繋がりを通して、様々なチャレンジをしながら方向性を定め、学生自身の価値観を確立していく期間であると考えます。2014年に社会連携センターを開設し、地域との連携を強化するとともに、各学部の専門分野の特性に合わせ、地域、企業、自治体などとの連携による、社会をフィールドとした学びの充実に取り組んできました。その中で、全学共通科目として2012年に「KGUキャリアデザイン」科目を、2016年に「かながわ学」を開講しました。
社会をフィールドとした実践的な学びをさらに進めていく上で、「地域」を知り、学びのフィールドとなる神奈川県の特性を理解するための全学共通科目が「かながわ学」。地域企業や自治体、地元プロスポーツ選手など、各分野のスペシャリストを講師に招いた「現場」の視点を重視した科目群から、自分の興味・関心・専門分野に合わせて学ぶことができます。
「KGUキャリアデザイン入門」から「KGUインターンシップ実習」までの6科目からなるのが「KGUキャリアデザイン」科目群。神奈川県との連携科目「KGUキャリアデザイン基礎I」や毎回さまざまな企業から講師を招き、各業界・企業の生の声を聞くことのできる「KGUキャリアデザイン応用I」など、自分自身のキャリアや、4年間の学びや学生生活をデザインするきっかけとなる科目が充実しています。
 

かながわ学

 関東学院大学では、2014年に社会連携センターを開設し、地域との連携を強化するとともに、各学部で地域、企業、自治体などとの連携による社会をフィールドとした学びの充実に取り組んでいます。このような実践的な学びをさらに進めていく上で、「地域」を知り、学びのフィールドとなる神奈川県の特性を理解するため、2016年4月より全学共通科目として「かながわ学」を9科目開講します。地域企業や自治体、地元プロスポーツ選手など、各分野のスペシャリストを講師に招いた「現場」の視点を重視した科目群から、自分の興味・関心、専門分野に合わせて学ぶことができます。
 また、2013年からは株式会社KADOKAWAの発行する地域情報誌「横浜ウォーカー」とのコラボレーションによる特別公開講座「横浜学」を開講。「横浜と港」「横浜と英国」「横浜と一神教」など、さまざまなテーマから、地域の過去、現在、未来を探る講座を隔月で開講しています。なお、「横浜学」の講座の模様は、すべてホームページ上にWEB動画で公開しています。
 
「かながわ学」9つのアプローチ

・ 行政 神奈川県内の自治体の職員によるオムニバス型の講義
・ 経済 地元金融機関による寄付講座
・ 政治 超党派の地方議員連盟による講師陣
・ スポーツ 神奈川県内プロスポーツチーム・選手によるゲスト講義
・ 歴史・文化 横浜開港の歴史・文化を中心に学ぶ
・ 自然 海と山に囲まれた神奈川の自然環境、地域特性について学ぶ
・ 健康 現場の視点から公衆衛生を中心に学ぶ
・ 地域安全 神奈川県警OBによる実践的な学び
・ 地域づくり 行政、企業、地域の視点からまちづくりを学ぶ

 

「KGUキャリアデザイン」科目群

キャリア教育科目について
キャリア教育科目とは
 関東学院大学では全学共通のキャリア科目として、「KGUキャリアデザイン入門」・「KGUキャリアデザイン基礎Ⅰ」・「KGUキャリアデザイン基礎Ⅱ」・「KGUキャリアデザイン応用Ⅰ」・「KGUインターンシップ事前指導(2017年度開講)※」・「KGUインターンシップ実習」の6科目を設けています。
 これらは、本学に入学した皆さんが関東学院大学の学生として、多様な社会の中で『私』『私たち』を積極的に位置づけ、現在と未来をデザインするための科目です。
科目名 配当 科目の特徴
KGU
キャリアデザイン
入門
1~2
セメスター
(登録必須)
春学期

関東学院大学生としての4年間と卒業後をデザインする

「自己実現力」と「他者とかかわる力」を高め、卒業後を意識した4年間の大学生活をデザインすることを目標とした科目です。

関東学院大学の建学の精神・自校史を学び、グループワークやグループディスカッション、プレゼンテーション等を通して関東学院大学生としての責任や4年間の学生生活の過ごし方とその先のキャリアを自ら考えながらデザインしていきます。 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられ、皆さんも夏の参議院選挙から投票に参加することができます。「選挙について考えよう」回で、投票することの意味、候補者・政党の選び方、投票のやり方について学び、投票に行きましょう。

KGU
キャリアデザイン
基礎Ⅰ
2~5
セメスター
秋学期

現代社会の多様性を学ぶ(神奈川県連携科目)

男女それぞれがどのような働き方、生き方をしたいのかを考えることができるように、男女共同参画社会の形成と展開について理解を深め、社会の多様性について考察します。

また、各界で活躍されている本学卒業生の同窓会「燦葉会」の先輩から、学生時代から社会人として成功するまでの体験談、これからの目標、後輩に期待することなどについて聴き、先輩の生き方・働き方に触れることで、自己のキャリア形成について考え、自ら行動するきっかけをつくります。

KGU
キャリアデザイン
基礎Ⅱ
3~5
セメスター
春学期
社会人インタビューを通して「生き方」と「働き方」を考える

「社会の中の『私』『私たち』を知る」をテーマに、社会人インタビューを通して産業・雇用形態・企業組織の変化など、学生が広く実社会への理解を深め、「生き方」と「働き方」の両面から、卒業後を見据えた『キャリアデザイン』を描けるようになることを目標とした科目です。
KGU
キャリアデザイン
応用Ⅰ
3~8
セメスター
春学期
就業力を身につける(一般社団法人経営倫理実践研究センター寄附講座)

日本を代表する企業の担当者から、さまざまな業界・企業の概要、各社のCSR(企業の社会的責任)活動、消費者問題(食の安全・環境問題・金融など)とその取り組みについての講義を受けることにより、自立して適正な判断を行うことができる消費者市民としての力をつけ、将来の進路について考えるきっかけとします。
KGU
インターンシップ
事前指導
※2017年度開講
4~5
セメスター
秋学期
インターンシップをキャリア形成へのファーストステップとするために

インターンシップに行く前に、社会のルールや企業での働き方をこの科目でしっかりと学び、「目的意識」を高めインターンシップ本番に備えることを目標とします。 注)KGUインターンシップ実習を履修するためには、本科目を修得していることが条件となります。 なお、2015年度以前入学生がKGUインターンシップ実習を履修する場合は、本科目の履修は不要です。
KGU
インターンシップ
実習
5~7
セメスター
通年
インターンシップは「学び」を見つめ直す機会にもなる

夏休みを利用して、企業や自治体で1週間程度インターンシップ(就業体験)を行います。また、インターンシップの前(春学期)に準備のための講習を受け、インターンシップの後(秋学期)に振り返り等を行います。通年科目ですが、通常の授業時間割とは異なる構成になります。  企業等で実際に働く人々や仕事の様子を間近にし、またそれを体験することで、教室で行われる授業と社会とのつながりを意識し、学んだことを自らの実践に展開する力(主体性)を育みます。また、自己の職業選択について考え、規律ある社会人としての振舞い方を身につけます。
 
LINEで送る

 


 
【学生・教職員の皆さんへ】J-アラート(弾道ミサイル発射時)作動時の対応について
2017-09-21 07:00:00
NEWS 在学生の方 学生生活
2017年度春学期卒業式・学位授与式を挙行しました。
2017-09-20 05:50:00
NEWS
【プレスリリース】沈没続出!? コンクリートでつくったカヌーで全長600 mのレースを開催
2017-09-20 04:15:00
PRESS RELEASE 建築・環境学部 建築・環境学科 学生の活躍








Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.