12月8日(金)、9日(土)に横浜市中区の神奈川県民共済みらいホールで、関東学院大学の学生がシェイクスピアの舞台を英語原文で演じる公演を開催します。関東学院大学のシェイクスピア英語劇は、約70年にわたって学生の手によって上演されてきた伝統行事です。

 この行事は、1948年に、当時の関東学院女子専門学校の校長だった相川高秋の「学校の名物となるものを何か行いたい」という発案により、まだ戦災の焼け跡が残るキャンパスで「ヴェニスの商人」が学生たちの手によって上演されたことに端を発します。当初は女子学生のみで行われていたこの英語劇も、1950年代からは男子学生も参加。毎年、学生たちが役を演じるのみではなく、演出や照明なども担当してきました。

 今年は、第1回と同じく「ヴェニスの商人」を上演。「ヴェニスの商人」は、中世のイタリアを舞台に、主人公のアントーニオが、胸の肉を担保に高利貸しから借金をしたことに端を発する物語で、シェイクスピアを代表する喜劇作品です。

 なお、上演中は舞台脇に日本語の字幕や解説を映写。英語劇に馴染みのない方にもシェイクスピアの世界を楽しめる内容になっています。


過去の公演模様

シェイクスピア英語劇第66回公演『ヴェニスの商人』概要

開催日時 12月8日(金)18:30開演(18:00開場)
12月9日(土)12:30開演(12:00開場)
12月9日(土)17:30開演 (17:00開場)
(上演予定時間 約2時間15分)
場所 神奈川県民共済みらいホール(地図はこちら
定員 各回300名
入場料 ¥1,000 ※当日受付にてお支払いください(釣銭のないようご協力をお願いします)
なお、大学生以下は無料(要学生証・生徒手帳等提示)となります。
全席自由、事前予約不要。
主催 関東学院大学シェイクスピア英語劇実行委員会
後援 横浜市文化観光局、公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団、
神奈川新聞社、TVK(テレビ神奈川)、関東学院大学後援会
その他 現在の活動状況・写真等については、こちらをご欄ください。

 

 

シェイクスピア英語劇第66回公演『ヴェニスの商人』についてのお問い合わせ

関東学院大学 大学経営課

TEL 045-786-7000(受付時間:平日9:00~16:00)

 

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.