就職支援センター

相談する相手は、専門家。悩みも夢も語れます。

「卒業後にどんな職業に就きたいか、そのためにはどのような就職活動を行えば上手くいくのだろう?」。そんな思いを抱える学生の将来をサポートするための窓口が、各キャンパスに設置されている就職支援センター。このセンターでは、キャリアガイダンスや就活支援ガイダンスなど、就職に向けての基礎知識や基礎情報を得ることができます。  業種、職種、勤務地など、学生それぞれの希望は千差万別です。一人ひとりの人生設計をサポートすべく、就職支援センターのスタッフは個別での進路相談を実施しています。エントリーシートの書き方や面接に関する不安なども、就職支援センターにある個別相談用のカウンターで相談できます。  大学生の就職活動に精通した専門のスタッフやキャリアカウンセラーが常駐するこのセンターには、学生たちより年間1万2,500件近い相談が寄せられます。卒業後のことを真剣に考え始めたら気軽に訪ねてください。専門スタッフが待っています。

 

就職支援センターの支援体制

就職支援センターの取り組み

・キャリア教育の推進(正課・課外)
・学内合同企業説明会の開催
・インターンシップの拡大 ・新規開拓
・就活チャレンジ講座の開催
(就活で必要とされるコミュニケーション能力の向上と、働くとは何かを考えることを目的とする講座)

個別相談

各キャンパスに就職相談窓口を設置し、キャリアコンサルタントという有資格者を中心としたスタッフが相談に応じています。就職活動は学生自らが考え、納得し、行動するもの。だからこそスタッフは、学生自身に今自分がどうするべきかを「気づいてもらうこと」を重視したサポートを行っています。

情報提供

就職支援センターでは、民間企業、∪ターン就職、留学生の資料・求人情報や帝国データバンク会社年鑑、会社四季報、公務員採用試験情報…など、さまざまな資料を揃えています。こうした資料を活用して、まずは自分が興味を持っている企業について、詳しく調べることが大切です。

 

学生就活サポーターについて

学生就活サポーターとは
内定を得た4年生が自身の就職活動経験に基づき、就活現場で感じたこと、心構えなど「今の就活」を後輩たちにアドバイスします。後輩にとっては、とても身近で就職活動を終えたばかりの先輩から話を聞けるメリットがあります。
学生就活サポーターの役割
1.座談会形式の「内定者カフェ」で少人数に対するアドバイス
2.就職ガイダンスにて体験談の講演
3.卒業生サポーターへの登録依頼
   ・卒業後の就職支援行事への協力
   ・卒業後のOB・OG訪問の協力
昨年度の活動実績
1.各キャンパス就職ガイダンスにて体験談講演
2.就活フェア内「内定者カフェ」実施
3.業界研究セミナー同時開催「内定者カフェ」実施

 
横浜・金沢八景キャンパス フォーサイト21・1階
045-786-7017(直通〕
月~金8:30~17:00
      土8:30~12:30
横浜・金沢文庫キャンパス 教室棟・1階
045-786-7234(直通)
月~金8:30~17:00
      土8:30~12:30
 
就職支援プログラムはこちら
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.