横浜学 ヨコハマ・再発見=Yokohama Trivia
第22回「横浜と自動車」

講義MOVIE

横浜に縁のある講師陣が、一つのテーマをあっと驚くトリビアを交えてわかりやすく解説する「横浜学」。第22回のテーマは「横浜と自動車」だ。

横浜市内には日本の基幹産業である自動車産業が集積しているが、その歴史は、かつて日本で初めての自動車量産工場が横浜に建てられたことに始まっている。そこで今回は、関東学院大学が2017年4月に経営学部を開設することに合わせ、横浜と自動車の関わりを経営学の視点から探っていく。

  • 関東学院大学 経済学部経営学科 教授
    四宮正親(しのみや・まさちか)先生
    1958年熊本県生まれ。自動車産業経営史などを研究テーマとする。 著書に「日本の自動車産業」など
  • 法政大学 名誉教授
    宇田川勝(うたがわ・まさる)先生
    1944年千葉県生まれ。15年まで法政大学経営学部教授を務める。 著書に「日本の自動車産業経営史」など
  • 歴史研究家(自動車産業史)
    清水榮一(しみず・えいいち)先生
    1942年東京都生まれ。日産自動車の販売、宣伝など各部門を経て、同社退職後は自動車産業史の研究家に。

 

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.