横浜学 ヨコハマ・再発見=Yokohama Trivia
第26回「横浜とアート」

講義MOVIE

横浜に縁のある講師陣が、一つのテーマをあっと驚くトリビアを交えてわかりやすく解説する「横浜学」。第26回のテーマは「横浜とアート」だ。

2017年は、横浜で3年に1度の現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ2017」を開催。 そこで、近年の大型アートイベントの歴史やアートマネジメントと地域の関係、「ヨコハマトリエンナーレ2017」の見どころを解説します。

  • 関東学院大学 人間共生学部共生デザイン学科 教授
    山﨑稔惠(やまざき・としえ)先生
    1954年神奈川県生まれ。アートマネジメントの現在とそれにかかわる歴史的考察などを研究テーマとする。
  • P3 art and environment 統括ディレクター
    芹沢高志(せりざわ・たかし)先生
    1951年東京都生まれ。「横浜トリエンナーレ2005」をはじめ、数々の大型アートプロジェクトに携わる。
  • 横浜美術館 副館長・主席学芸員
    柏木智雄(かしわぎ・ともお)先生
    1962年鹿児島県生まれ。専門は幕末~現代の日本美術。「ヨコハマトリエンナーレ2017」コ・ディレクター。

 

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.