横浜学 ヨコハマ・再発見=Yokohama Trivia
第5回「横浜の建築と、その活用」

講義MOVIE

関東学院大学×横浜ウォーカー特別公開講座「横浜学」第5回のテーマは、「横浜の建築と、その活用」。幕末・明治の建築デザインが現在の横浜の建造物に与えた影響から将来の横浜の建築の過去・現在・未来を解説。また象の鼻テラスの活用法や、景観・観光の側面から見た横浜の建築の魅力を学べます。

  • 関和明先生(関東学院大学建築・環境学部教授、建築史家)
    1948年京都市生まれ。専門は古代エジプトと横浜の建築・都市史。論文「初源の空間・エジプト」等
  • 岡田勉先生(象の鼻テラス アートディレクター)
    1963年横浜市生まれ。スパイラルチーフキュレーター現代美術展ほか多彩な企画を手がける
  • 鷹取祐子先生(横浜ウォーカー編集長)
    1973年横浜市生まれ。横浜ウォーカー創刊メンバーの1人で、2012年より編集長を務める

 

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.