横浜学 ヨコハマ・再発見=Yokohama Trivia
第9回「横浜と一神教」

講義MOVIE

横浜に縁のある講師陣が、毎回興味深いテーマをあっと驚くトリビアを交えてわかりやすく解説する「横浜学」。今回のテーマは“一神教”。キリスト教やイスラム教など、世界で最も多く信仰されている一神教が、開港都市・横浜で果たしてきた役割について、また今後、横浜から発信する一神教の未来について、関東学院大学文学部教授の森島牧人先生、富岡幸一郎先生、日本ムスリム協会 有見次郎先生を迎えて、わかりやすく解説。 それぞれの宗教が持つ普遍的テーマや教義について、また現代ならではの課題や、未来へ向けた可能性を探る。

  • 有見次郎先生(日本ムスリム協会 副会長)
    1947年、神奈川県出身。イスラム教の法に基づいた、食や生活全般に関わる「ハラール」について、東京オリンピックでのおもてなしのあり方などを交えてわかりやすく解説予定
  • 森島牧人先生(関東学院大学 文学部教授)
    1947年、横浜市出身。専門は組織神学、キリスト教文化など。開港以降に結成された横浜バンドや、キリスト教学校が果たした社会貢献について語る
  • 富岡幸一郎先生(関東学院大学 文学部教授)
    1957年、東京都出身。14 年3 月、著書「北の思想・一神教と日本人」を発刊。明治以降に入ってきたキリスト教を軸に、ユダヤ教やイスラム教など一神教の歴史的理解を説く

 

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.