横浜学 ヨコハマ・再発見=Yokohama Trivia
第14回「横浜と写真」

講義MOVIE

横浜に縁のある講師陣が、あっと驚くトリビアを交えてわかりやすく解説する「横浜学」。今回は“写真” をキーワードにジモト横浜を見つめ直してみる。写真研究家の斎藤多喜夫先生が語るのは日本商業写真の開祖・下岡蓮杖とその弟子たちの功績。神奈川新聞社元写真部長の大河原雅彦先生には、神奈川新聞社保管の貴重な報道写真と共に、撮影当時の世相やエピソードを解説していただく。半世紀にわたり横浜の風景を撮り続ける写真家の森日出夫先生には、一人の写真家による横浜の写真史をひも解いていただくなど盛り沢山の講義内容。

  • 斎藤 多喜夫 先生(写真研究家 横浜開港資料館元調査研究員)
    1947年横浜市生まれ。「横浜外国人居留地研究会」会長も務める。著書に「幕末明治横浜写真館物語」など多数
  • 大河原 雅彦 先生(神奈川新聞社 編集局 アーカイブ室 写真資料担当)
    1945年横浜市生まれ。神奈川新聞社元写真部長。講演会や写真コンテストの選考委員を務めるなど活躍
  • 森 日出夫 先生(写真家)
    1947年横浜市生まれ。JPS(日本写真家協会)所属。横浜を撮り続ける。写真集「PASS ーハマのメリーさんー」など

 

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.