横浜学 ヨコハマ・再発見=Yokohama Trivia
第15回「横浜とビール」

講義MOVIE

横浜に縁のある講師陣が、あっと驚くトリビアを交えてわかりやすく解説する「横浜学」­。今回のテーマは“ビール”。クラフトビールブームによって盛り上がりを見せるなか、­改めて日本のビール製造発祥地である横浜で学んでみよう。最初に高知工科大学の生島淳­先生に、「日本のビール産業の発展と横浜」について語っていただく。続いて、キリンア­ンドコミュニケーションズの中水和弘先生に、ビールのおいしい飲み方など楽しみ方を伺­う。最後に、横浜ビールの代表取締役社長・太田久士先生に、ビール会社がいかにして街­と結びついていくかという展望について話していただく。

  • 生島 淳 先生(高知工科大学 経済・マネジメント学群 専任講師)
    1971年千葉県生まれ。日本の企業の経営史が専門。近年は、主に日本ビール産業の経営史を研究している。
  • 中水 和弘 先生(キリンアンドコミュニケーションズ株式会社 ブルワリーツアー事業部 ビールセミナー講師)
    1971年広島県生まれ。明治大学リバティアカデミー「KIRIN ビールの教室」にて講師を務める。
  • 太田 久士 先生(株式会社横浜ビール 代表取締役社長)
    1962年香川県生まれ。横浜でのクラフトビール製造をはじめ、地産食材を使ったレストランの運営も行う。

 

※ 所属、学年などは、全て取材当時のものです。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.