新しい学び舎で、一緒に学び、一緒に遊び、一緒に喜んでくれることを期待しています。

2012年4月から行われていた横浜・金沢八景キャンパスE6号館工事が完了し、小雨降る中で献堂式が執り行われました(外観写真は晴天時のもの)。新築の会堂を神にささげる儀式である献堂式には、学院関係者のほか、設計監理・施工を担当していただいた方々や地域の町内会の代表者の方々にご出席いただきました。
関東学院大学では、地域医療への貢献と、校訓「人になれ 奉仕せよ」の具現化として、2013年4月に看護学部を新設します。看護学部における高い実践力を養うため、看護の各専門分野を学ぶ実習室や講義室、研究室などの教育・研究設備を整備した新棟の工事が2012年4月から着々と進められていました。
献堂式では、「社会と一緒に歩んでいく関東学院にしていきたい(飯田嘉宏 理事長)」「最高の器に、最高の教育を(森島牧人 学院長)」「地域のみなさまのご協力に感謝したい(大野功一 学長)」という学院関係者の挨拶に続いて、飯田理事長より設計監理・施工の関係者の方に感謝状と記念品が送られました。
E6号館には、新設される看護学部の関連施設のほか、人間環境学部健康栄養学科の実習施設や研究室などが設置されています。来週4/2(火)には入学式が行われ、関東学院大学看護学部の一期生がこの新棟にやってきます。この新しい学び舎で、一緒に学び、一緒に遊び、一緒に喜んでくれることを期待しています。

  

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.