4月5日、関東学院大学の学生たちが横須賀市内の商店街で行われたイベントに参加しました。

横須賀中央駅からほど近くの上町商店街と中央公園で開催された「うわまち浪漫2014桜まつり」に参加したのは、経済学部経営学科の福田敦教授のゼミに所属する3年生10名。昨年夏の灯ろうまつり、秋のハロウィンイベントに続いて3回目の参加です。

学生たちは商店街の皆さんと話し合いを重ね、子どもや家族連れを対象にした中央公園内のスタンプラリーの運営やミニゲームのブースを担当。また、商店街の方のご好意により模擬店のお手伝いも体験させていただきました。「3回目の参加ですが、話し合いやイベントに参加してみて、若い方々の参加も多く活気がある商店街だと思いました」と話すのは、経営学科3年の近藤里奈さん。「模擬店のお手伝いをした際にお店の方とお話しする機会がありましたが、商店街のことについて勉強になることが多かったです」と振り返ります。

上町商店街連合会は神奈川県の地域商業ブランド確立総合支援事業に採択された商店街の一つで、このイベントはその事業の中の一つとして実施されたものです。今回参加した学生の感想等も商店街へフィードバックされ、今後の活動に反映される予定です。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.