5月29日(日)に和光市総合体育館で行われた第44回関東学生空手道選手権大会(男子個人組手)で、関東学院大学空手道部町田寛延さん(理工学部4年)がベスト32に入りました。その結果、7月3日(日)に大阪市立中央体育館で開催される第60回全日本学生空手道選手権大会個人戦への出場権を獲得しました。
 
大会には、総勢305名の選手が出場。決められている技を決められた順に披露する「形」の部と、相対する二人が所定時間内に技を出し戦う「組手」の部に分かれ、町田さんは「男子個人組手」で勝ち進みました。幼少期から空手道を始めた選手が多い中、高校から始めて今回の成績を残した町田さんは「試合の一つ一つに集中していたので、出場権獲得と聞いたときは驚きましたが、嬉しかったです。全日本学生大会でも、いつも通り、一つ一つの試合に集中して結果を出したいと思います。7月3日(日)まで、モチベーションを高めていく稽古をしていきます」と、大会へ向けた決意を語ります。


また、6月5日(日)に行われた日本空手協会主催春季関東大学リーグ戦(1部団体組手)では、空手道部は団体3位入賞を果たし、宮坂耀太さん(理工学部4年)が優秀選手に選ばれました。宮坂さんは「みんなの調子が良く、3位入賞ができました。優秀選手に選ばれたのは、みんながいたからであって、嬉しさよりも感謝の気持ちの方が強いです。良いところも悪いところも確認ができた試合だったので、それを基に稽古に励んでいきたいと思います」と語ります。


より一層の稽古に励んでいる空手道部に、ご声援をお送りください。

投稿日時:2016/06/21 15:39:00 

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.