6月30日(木)、横浜市立大学金沢八景キャンパスで、地元企業と地元大学生の交流会「Cross Meeting」が開催されました。地元大学生に、関東学院大学と横浜市立大学の学生が参加しました。

「Cross Meeting」とは、金沢区区政推進課、金沢区工業団体連絡会、横浜市立大学、関東学院大学の共同事業で、学生には働くことを考えるきっかけとして、企業にとっては学生の考えを知るきっかけとして、相互理解の場として企画されたものです。金沢区には、横浜市を代表する臨海部工業地帯が立地します。しかしながら、区内の2大学の学生と地元企業の交流が多くあるとは言えない状況にありました。そこで、地元企業の魅力を学生に発信するとともに、意見交換などを通じて両者の相互理解を進めることなどを目的に実施され、今回は2月に続いて2回目の開催です。


当日は、区内企業9社14名の方と両大学計17名の学生が参加。参加企業による自己紹介のあと、ワールドカフェ形式による企業と学生のグループディスカッションを行いました。グループディスカッションでは、「働いてみたい会社ってどんな会社?」「いい会社ってどんな会社?」「どんな働き方をしてみたい?」のテーマに沿って、学生が疑問をぶつけたり、企業の方からは学生時代や社会人としての経験談など、和やかな雰囲気で行われました。


有限会社双葉印刷所の小森貴宏さんは「まじめに将来のことを考えている学生が多いんだなと感じました。本日のこの会によって、金沢区工業団地に興味を持ってくれたら大変嬉しく思います」と語ります。関東学院大学経済学部4年の橋本恭宏さんは「就職を考える上で、自分の思考の範囲が広がりました。今までは、中小企業に対して漠然としたイメージしかなかったのですが、直接企業の方から、こういった雰囲気でお話を聞くと、一人一人に向き合っていて、人に価値を置いていて素敵な会社だと感じました」と語ります。


地元企業と学生の繋がりを深め、今後も地域活性化につながる取り組みを増やしていきます。


投稿日時:2016/07/01 17:12:00
 

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.