4月5日(土)に、横浜スタジアムで開幕した神奈川大学野球連盟の春季リーグが、神奈川県内の各球場を会場に熱戦が繰り広げられています。4月20日(日)には、関東学院大学横浜・金沢文庫キャンパスの野球場を会場に3試合が行われました。

この日、第1試合として行われたのが関東学院大学硬式野球部対横浜商科大学の試合。関東学院大学は2回表に2点を先制すると、9回までに5点を得点。守る方でも、失点を3点に抑えて、5-3で勝利を勝ち取りました。また、3塁側のスタンドには、ラグビー部、チアダンス部FITS、吹奏楽部なども駆けつけ、選手たちに声援を送りました。

 

硬式野球部の上滝陽介主務(経済学部4年)は「今回のように、いろいろなクラブの学生たちが球場に来てくれることは今まであまりなかったので、うれしいですし、選手たちもがんばろうって気持ちになれるはずです。これからも試合が続きますので、ぜひたくさんの学生の皆さんに球場に足を運んでほしいです。それに、僕たち硬式野球部でも、他のクラブの試合の応援に行ければいいなと思っています」と話します。

春のリーグ戦は5月後半まで続きます。関東学院大学は横浜商科大学と松蔭大学と対戦して、現在負けなしの4勝。ぜひ、球場で選手たちに熱い声援をお送りください。

硬式野球部ホームページ

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.