5月17日(土)、JR東海道線の鴨宮駅前で、関東学院大学の学生が、地域の安全向上などの啓発運動に参加しました。

参加したのは、神奈川県警の支援を受けながら、小田原市内の防犯パトロールなどに取り組む湘南・小田原キャンパスのサークル「ブルー・ガーディアンズ」の学生たち。この日は、小田原警察署や小田原市役所、地域の方などと共同で、5名の学生が鴨宮駅近くの駐輪場で、自転車の整理や盗難防止、駐輪されている自転車に放置禁止の案内チラシを貼付する作業などに取り組みました。

この活動に参加した荻原裕樹さん(法学部4年)は「小田原城に代表されるように、小田原は景観のいい街です。こうした活動に参加することで、もっときれいで安全な街になればいいなと思っています。また、僕たちのような大学生がこうした活動に取り組んでいることを、多くの方に知ってもらえるとうれしいです」と話します。

この「ブルー・ガーディアンズ」の学生たちは、地域の安全の向上などのために、積極的にパトロールや防犯に関わる啓蒙活動などに参加しています。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.