7月7日(木)に、横浜・金沢八景キャンパスで卒業生のリオデジャネイロオリンピックの出場を記念して、壮行会を開催しました。セーリング日本代表で男子RSX級の富沢慎選手とセーリング競技日本代表チームの飯島洋一コーチが決意などを語りました。

小山嚴也副学長の開会の言葉から始まった壮行会。約100名の参加者の中、終始和やかな雰囲気。規矩大義学長や関東学院大学体育部連合会OB 会の貝道和昭会長からの激励、在校生からのエールなど、教職員、卒業生、学生が一体となって、富澤選手と飯島コーチを送り出しました。

富澤選手は「私は過去に北京五輪とロンドン五輪を経験し、リオ五輪は三度目の挑戦になります。目標は過去最高位の10位以上とし、8位入賞やメダル獲得を目指して戦います。世界最高峰の舞台で戦うまでの過程には、大変多くの方々の協力があり実現できています。最高の形で恩返しが出来るように最後まで全力で戦い抜いてきます。応援よろしくお願いします」と意気込みを語りました。

なお、リオデジャネイロオリンピックには、壮行会は欠席となりましたが、セーリング競技49er 級の高橋賢次選手も出場します。富澤選手、高橋選手、飯島コーチの活躍にご期待ください。


投稿日時:2016-07-15 10:20:00

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報課

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.