5月23日(金)、NHKの人気ドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」と関東学院大学のコラボレーションによる「NHK大学セミナー」が横浜・金沢八景キャンパスで開講されました。

番組にも出演した岡崎義和氏(TOTO株式会社)が講師として「“働く”ということ~天職って何だろう~」をテーマに登壇。包装物流のスペシャリストの包装管理士である岡崎氏は、製品を運搬する際に生じる衝撃を最小限に抑えるための梱包用のダンボールを設計。衝撃を抑えながらも、包装材を減らすことで、会社に多くの利益をもたらしました。

NHKの山本隆之チーフ・プロデューサーと登壇した岡崎氏は、ダンボールを組み立てる実演を交えながら、セミナーを実施。「どんな仕事でも突き詰めれば一流になる」「自分のやることに自信をもって、つねに新しいことにトライすること。そして絶対に途中で諦めないこと。そうすれば自然に自分の仕事が天職になっているものです。」などと、学生たちに仕事への熱意を語りました。

「岡崎さんの仕事に対する姿勢がとてもかっこいいなと思いました。私も将来の夢を実現させるためにあきらめずに活動していきたい。また学内でこのような機会があると嬉しいです」と話すのは経営学科2年生の三瓶愛さん。

今回の講演が、学生たちの仕事に対する意識やイメージをより一層深め、今後の学生生活に役立つものとなることを期待しています。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.