関東学院大学と総合建設会社の安藤ハザマは、7月23日(土)、24日(日)に東日本大震災で津波の甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市でタグラグビー大会を開催するなど、スポーツを通じての被災地支援活動を実施しました。気仙沼市における活動は、今回で6年目を迎えます。

この活動は、「津波で地元のタグラグビーチームの道具が流されてしまい、子どもたちがラグビーをできないでいる」という報道に触れた安藤ハザマの社員(関東学院大学OB)が、関東学院大学のラグビー部などに声をかけてスタートしたもの。震災発生の2011年以降、気仙沼市でボランティア活動やタグラグビー大会などを実施してきました。

今年度は、関東学院大学が特別強化クラブに指定するラグビー部、硬式野球部の学生20名と安藤ハザマの社員が現地を訪問。地元のリトルシニアチームを対象にした野球教室や、旭が丘学園にて出張タグラグビー教室を開催しました。

24日(日)に開催したタグラグビー大会”福幸!気仙沼「絆カップ2016」”には選手・応援の保護者・スタッフ総勢300名が参加し、関東学院大学の学生や安藤ハザマの社員が子どもたちの指導役となりながら、21チーム160人の参加選手と一緒に汗を流しました。

活動に参加したラグビー部の吉良友嘉さん(人間環境学部4年)は「参加は2回目になります。最初は緊張していた子どもたちとも、タグラグビーを通してどんどん打ち解けることができてうれしいですね。この被災地支援をとおして、今年4月、熊本地震で被害を受けた、出身地である九州への気持ちも強くなりました。このスポーツを通じての被災地支援の経験を今後も何かのかたちでつなげていきたいです。」などと語ります。


気仙沼の復興と子どもたちの元気と笑顔の回復を支援してきたこの活動は、今回をもって一区切りとし終了となりますが、関東学院大学と安藤ハザマは、今後も東日本大震災で被災した地域の復興を応援してまいります。


投稿日時:2016-07-26 15:15:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.