8月9日(火)横浜・金沢八景キャンパスで、秋田県とUI ターン就職促進などを目的とした協定を締結しました。関東学院大学が、地方自治体と同様の協定を締結するのは群馬県、新潟県、栃木県に続いて4例目となります。また秋田県が、首都圏の大学と同様の協定を締結するのは、中央大学、日本大学、専修大学に続いて4例目です。

この協定締結は、相互に学生の就職活動を支援し、秋田県内の企業の人材確保や地域経済の活性化を図ることなどを目的としています。今回、協定を締結することで、関東学院大学と秋田県との間で相互連携・協力体制を構築し、秋田県出身者を中心とした学生に対してUIターン就職の支援を実施していきます。関東学院大学には、現在、秋田県出身者数が78名在籍。地方自治体との連携をより強化することで、地域経済の活性化や学生の就職活動を支援していきます。

締結式に出席した秋田県の牧野一彦東京事務所長は「秋田県には大学が少なく、高校生の4割は県外への進学を余儀なくされます。広い世界で活躍して欲しいと願う一方で、秋田にどんな企業があるか分からず、県外で就職する若者も少なくないのではと推測されています。少しでも人口減に歯止めをかける為にも、今回の協定を効果的に活用し若者たちに秋田県の情報を発信していき、UIターン就職の促進につなげていきたい」と語りました。就職支援センターの北原武嗣教授は「今回この協定を結ぶことで、地域の活性化に協力できることは、関東学院大学にとっても非常に意味のあることだと感じています。これを機会に、本学の学生たちに、秋田県のさまざまな情報を共有していただけることは、学生の就職先の幅を広げることにつながります。学生の就職支援をお互い良好に進めて行けたら」と今後の相互連携への期待を述べました。

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.