9月19日(月)鎌倉市の材木座海岸で、関東学院大学ウィンドサーフィン部によるウィンドサーフィン教室が開催されました。

このイベントは、いつも練習を行っている鎌倉への恩返しを目的として、関東学院大学ウィンドサーフィン部が企画実施しているものです。今年で6年目を迎える今回は、地元の小中学生に加えて、9月から来日している関東学院大学への交換留学生や、留学生のサポートを担当するバディの学生たちも参加しました。


参加者たちは、7グループに分かれ、まずは陸の上で、部員たちからボードへの乗り方やセイルの使い方、ウィンドサーフィンの走る原理などのレクチャーを受講。その後は海に出て、実際にボードに乗って動かしていきます。始めのうちはボードの上に立つことさえ難しかった参加者も、部員たちの丁寧な指導の成果が見られ、2、3回繰り返し挑戦していくうちに風をつかむコツを覚え長い距離を走らせることが出来るようになりました。最後は、チームから1名ずつ選ばれた代表者によるレース大会を実施。沖に設置したブイにたどり着くまでの速さを競い合いました。

関東学院大学ウィンドサーフィン部の小池哲史監督は「普段は、ウィンドサーフィン部の学生たちが誰かに教えるという機会がないので、この体験教室は、部員にとっても良い経験になったのではないかと感じています。今回参加してくれた地元の子どもたちや学生には、ウィンドサーフィンを通して、海の魅力を知ってもらい、また、海を身近なものに感じてもらえると嬉しいです」と話しました。

関東学院大学では、今後も、スポーツを通じた地域貢献を行っていきます。




投稿日時:2016-09-20 20:00:00
この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.