一般向けに執筆された、優れた古代歴史文化に関わる書籍を表彰する「第4回古代歴史文化賞」の大賞に経済学部の田中史生教授の『国際交易の古代列島』(KADOKAWA)が選出されました。11月1日(火)に東京都千代田区の帝国ホテルで行われた表彰式では、田中教授に正賞の美保岐玉(みほぎだま)と副賞の賞金が贈られました。

古代歴史文化賞は、古代史に関わりの深い島根県、奈良県、三重県、和歌山県、宮崎県が主催し、2013年からはじまった事業で、金田章裕京都大学名誉教授が委員長を務める選定委員会が、大賞の受賞作を選定します。今回は、ノミネートされた5作品から、田中教授の『国際交易の古代列島』が大賞に選出されました。

古代交流史を専門とする田中教授は、同書の中で、国家や王権の交流を通じて語られる古代の交流史だけではなく、商人などの交易を通じて人やモノの交流が広く行われていた模様を、多くの事例を挙げながら明らかにしています。

表彰を受けて田中教授は「今回の受賞を大変うれしく感じています。現代社会が直面するグローバル化にともなう様々な課題は、歴史的に見れば古代の人々も、現代にも共通する課題に直面していました。今回の受賞で、多くの人々が本書を手に取ってくれることを通じて、現代社会の課題を解決する示唆を、少しでも歴史の中で見つけてもらえれば」などと語ります。


受賞作を手にする田中教授


投稿日時:2016-11-02 12:12:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.