教育学部では、11月5日(土)に横浜・金沢八景キャンパスで教育実践センター開設を記念したイベントを開催しました。

今回のイベントでは、小学校の教員向けの企画と幼稚園や保育園の保育者向けの企画を実施。小学校教員向けの企画では、関東学院大学の学生が電子黒板を活用した模擬授業を実施し、最新の機材を利用した教授方法を紹介。また、アクティブ・ラーニングに詳しい横浜国立大学の石田淳一教授による基調講演や卒業生との対話を通じて、これからの小学校における教育のあり方を探りました。

また、保育者向けの企画では、写真家の小西貴士さんによる講演を実施。小西さんは、山梨県の清里高原での「森のようちえんプロジェクト」を通じて、子どもたちに自然での体験を紹介するとともに、参加する子どもたちの写真を撮り続けています。小西さんは自らが撮影した写真を紹介しながら、子どもたちにとって自然の中での活動の重要性を紹介し、その後教員との議論も交わしました。

教育実践センターでは、神奈川県内の小学校や保育現場で教員として勤務を経験した担当者が、学生たちの就職試験対策講座などを実施しています。また、学生の卒業後のサポートも想定しています。その他に、近隣の教育委員会や行政と連携して、現役の小学校教員や保育者を対象にした研修会なども開催していく予定で、地域の教育の質向上に向けた協力も進めていきます。

教育学部の土谷みち子学部長は「今回は、教育実践センターの開設を記念して、今後の教育や保育のあり方を考えていくためのイベントを企画しました。教育実践センターで、学生たちのキャリア形成の支援はもちろんですが、現職の先生方との交流や支援も積極的に進めていければ」などと期待を込めます。

投稿日時:2016-11-11 10:20:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.