2月1日(水)~3日(金)、みなとみらいのパシフィコ横浜で行われた第38回工業技術見本市「テクニカルショウヨコハマ2017」に理工学部応用化学コースが出展しました。

 テクニカルショウヨコハマ2017は、神奈川県下最大級の工業技術・製品に関する総合見本市で、県内産業の発展と経済の活性化のために開催。38回目となる今年は「未来をひらく新技術」をテーマに、「ビジネスソリューション」、「生産(加工技術)」、「生産(機器・装置・製品)」、「環境・エネルギー/健康・医療・福祉」、「産学公・企業間ネットワーク」の5つの分野に分かれ、技術革新・商品開発・新市場の開拓に取り組む企業や研究機関、大学などが、3日間で635団体出展し、独創性・先進性に富んだ最新の技術・製品や研究成果を発信しました。

 関東学院大学のブースでは、理工学部応用化学コースの研究に関するパネルや資料などを展示しました。渡辺宣朗助教は、非平衡反応である電気化学析出法を用いた新規機能材料や熱力学的準安定相物質の創生の試みなどを紹介。同コースで学ぶ学生たちもブースに立ち寄った来場者に研究成果の説明を行いました。

 渡辺助教の研究室に所属する鈴木正義さん(理工学部4年)は「最初は相手に伝わるようにうまく説明することが難しかったのですが、ブースに立ち寄ってくださった方に積極的に声をかけていくうちにスムーズに伝えられるようになりました。普段あまり接することの無いご年配の方やOBの方が来てくださり、自分達の研究について説明ができたことは大変貴重な経験となりました」と振り返りました。


投稿日時:2017-02-17 13:00:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.