3月5日(日)に、せんだいメディアテーク(仙台市青葉区)で開催された「せんだいデザインリーグ卒業設計日本一決定戦」で、建築・環境学部の森紗月さん(4年)が特別賞を受賞しました。

 「せんだいデザインリーグ卒業設計日本一決定戦」は、全国の建築を学ぶ学生たちによる卒業設計作品を一堂に集め、公開審査によって日本一を決める国内最大の卒業設計展です。今年は、全国から500以上の応募があり、会場には、そのうち352作品の模型とパネルが展示されました。最終審査に残った上位10作品の制作者たちは、審査員たちを前にプレゼンテーションを実施。その結果、森さんの作品は上位5作品に選出され、3位に続く特別賞を受賞しました。

 森さんは「あたりまえの中で -このまちに合った形式をもつ集落-」というテーマの卒業設計で応募しました。現在の日本で、核家族化や高齢化が進んだことにより、家族や他者との関わり方に変化が生じていることに着目。「家」の形だけが昔と変らず、限られた敷地の中に同じように建物が繰り返し立て替えられている現状を課題として捉え、家族のあり方や住宅の形態そのものを卒業設計として提案しました。同じ敷地の中に一つの家を建てるのではなく、家族が別々に住める小さな部屋のような家をデザイン。また、一軒だけではなく近隣の住宅とも少しずつ形をリンクさせ、町並みにも変化を持たせることで、人の動線、他者との距離感や協力の仕方が自然と変っていくように設計しています。

 森さんは「自分の力がどのくらい通用するのかが知りたくて、この大会に応募しました。賞の受賞までは考えが及んでいなかったので、発表直後は非常に驚きました。賞をいただいたことで、大学で学んできたことが間違いではなかったのだと自信を持つことができました。学生生活の最後に、このような結果を残せたことは、今後のモチベーションにも繋げていけると思っていますし、また少し度胸をつけることができました。」と振り返りました。

 森さんは、大学での学びを生かして、4月から店舗や展示会スペースの設計やデザインを行うデザイン会社での勤務を予定しています。

投稿日時:2017-03-23 15:30:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.