図書館本館(横浜・金沢八景キャンパス)にて、9月20日(土)まで、理工学部西田麻美専任講師の研究室(機械設計)に所属する学生たちが制作した、本の内容をイラストや文字で紹介するPOPに一部動く仕組みを取り入れた「駆動POP」を展示しています。

駆動POPの制作は、機械設計法という授業の課題の一つ。学生たちは、西田麻美専任講師のメカトロニクスに関する著作本を題材に、歯車や基盤など機械製品に使用される部品を利用して、それぞれのアイデアを形にすることに取り組みました。 河原拓弥さん(工学部4年)は、「自動で動くものよりも、実際に手で動かして楽しんでもらえるように工夫しました」と話します。

この駆動POPは、図書館入館ゲート入口に、西田麻美専任講師の著作本とともに展示しています。図書館を利用する皆さんの投票により作品の中から優秀賞を決定しますので、図書館をご利用際は、ぜひ手にとってご覧ください。

  • 展示場所:図書館本館 入館ゲート前
  • 展示期間:2014年7月2日(水)~9月20日(土)予定
  • 投票方法:展示作品のテーブルに投票用紙と投票箱を用意しています

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.