関東学院大学準硬式野球部は、8月12日(火)~17日(日)に岡山県倉敷市で行われた文部科学大臣杯 第66回全日本大学準硬式野球選手権大会においてベスト4に進出しました。

「負けたら終わりのトーナメント方式の大会で、日程も過密なので投手の負担が減るよう序盤で得点を重ねたいと思っていたのですが、初戦、2戦目とも苦しい試合展開でした。特に2戦目の兵庫教育大は開催地(岡山県)に近いため応援も凄く、まさにアウェイそのものでした」と話す石塚裕之主将(文学部4年)は、「ただそのような中で試合できたことは大きな経験になりましたし、全国ベスト4に進めたことは自信になりました」と振り返ります。また、「現在は3年生が中心となって神奈川大学準硬式野球リーグ戦(秋季)を戦っています。チーム一丸となってリーグ戦や予選会を勝ち進み、大学日本一を目指してほしいです」と後輩たちへの期待を話します。

更なる高みを目指して、関東学院大学大学準硬式野球部はこれからも研鑽を続けていきます。今後も温かいご声援をよろしくお願いいたします。

準硬式野球部ホームページ

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.