3月27日(月)、横須賀市上町商店街での「桜まつり」開催期間中に、経済学部の学生が企画をして、パネルディスカッションを開催しました。
 上町商店街連合会と関東学院大学は、2013年度より連携事業をスタートしました。上町商店街は、昭和初期からの長い歴史をもつ商店街ですが、近年は、大型スーパーの出店や少子高齢社会などさまざまな要因によって、当時の活気が失われつつあります。そこで、大学生が協力をして、地域の子どもたちを呼び込む企画立案をしたり、商店街の現状を探ったり、商店街と教育研究活動の両者の活性化を目的とした活動が行われています。  今回のパネルディスカッションは、福田敦教授ゼミナールの学生たちが、商店街連合会と共に、今後の商店街のあり方を考える場として「学生と語る上町商店街の魅力と将来像」と題し開催したものです。
 パネルディスカッションは、学生が商店街を最初に訪れたときの印象から始まり、商店街の強みや弱み、また、改善点など学生目線で意見を発表し、商店街の方からは、具体的にどういった方法がいいのか、商店街というものを利用するのかなど若者の感覚を知ろうとする質問や意見が交わされ、活発な議論が続きました。
 参加した経済学科3年の青山侑矢さんは「1年かけて3つのイベントに参画し、取材を基に個店のポスターを作成したことを踏まえ、商店街の強みや弱みなど見えてきたところを学生の視点で直接伝えることができました。すぐに改善してもらえる点もあり、そこは変わるかもしれません。この私たちの視点を商店街の人たちに活用していただき、将来よりよいかたちとなってほしいと切に願っています。」と語り、経営学科3年の古川桃子さんは「今回のパネルディスカッションについて、反省点ですが、一般の方にもっと上町商店街のことを知ってもらいたいので、告知の仕方は考える必要があると痛感しました。本当に商店街全体が、温かみのある人たちで、活性化に真剣に取り組んでいます。私たちも一助として貢献することができたらとても嬉しいことです」と振り返りました。
 今後も、地域の現状に向き合った活動を通して、学びを深める取り組みを行っていきます。

投稿日時:2017-04-13 13:00:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.