9月26日(金)から10月4日(土)の期間中、図書館本館(横浜・金沢八景キャンパス)では、関東学院大学で建築を学ぶ学生たちが制作した図書館の改築模型などを展示しています。

「デザインスタジオa」(湯澤正信教授)を受講する学生たちは、横浜・金沢八景キャンパスにある図書館本館の立て替えをテーマに、新しい図書館を設計しました。100万冊の書籍が格納できることなど、設計するためのいくつかの課題を4人の学生たちが、それぞれ違ったアプローチから解決しています。また、どんな設備があるともっと便利なのか、どうすれば使いやすくなるかなど、利用者側からの視点はもちろん、働く立場からの利便性も考慮しながら制作に取り組みます。

「いろんな本に出会う」ことをコンセプトに図書館を設計した関広太郎さん(工学部4年)は、「最上階までゆっくりとスロープを登ることで、たくさんの本を手に取れるようにしました」と話します。また、どうしても閉鎖的に感じてしまう「図書館」をもっと開放的で自由な空間にするために全面ガラス張りにしているところも特徴的。 「この授業を通して、実際に図書館で働く職員の方に話を聞いて事前調査を行ったり、自分のイメージした建物を設計したことは、今後の研究に活かしていきたいと思います」と話す関さんは「小中学校などの図書館を地域の方々にも利用してもらえるような施設にできないか」ということを今後の研究課題として考えています。

学生たちが制作した図書館模型や設計図などは、図書館本館 共同研究室Aにて展示しています。また、今回の展示を実施するにあたっての周知ポスターも学生が独自で制作しています。

ぜひこの機会に図書館へお越しいただき、学生たちの作品をご覧ください。なお上記期間は、学外の方も展示会場にてご覧いただけますので、入館の際は1階カウンターにてお声掛けください。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.