5月11日(木)に明治記念館(東京都港区)で開催された公益社団法人空気調和・衛生工学会の授賞式で、横浜・金沢八景キャンパス5号館(建築・環境棟)の環境・設備技術が振興賞技術振興賞を受賞しました。受賞を受けて、計画・監修・検証を行った関東学院大学からは建築・環境学部の大塚雅之教授が、設計・検証を行った株式会社日本設計、施工・検証を行った株式会社竹中工務店東京本店、株式会社朝日工業社とともに表彰式に出席しました。

 振興賞は、空気調和・衛生工学と工業の振興と発展および新進の研究者・技術者を育成することを目的としており、なかでも振興賞技術振興賞は、表彰を行う年の前3年間に竣工した設備または施設の計画・設計・施工に関する業績、および調査・開発に関係する技術、装置・製品・システムなどの発明・考案・開発・応用、施工技術など、技術の振興と奨励にふさわしい業績に贈られます。

 5号館の環境・設備技術は、建築・環境教育の教材として積極的に活用することを意図した建設計画、および教材としてフル活用するとともに性能検証を実施している建物運用など、計画・施工・運用を通してコンセプトが貫かれている点や、これらの技術が検証・改善を重ねながら継続的に使われ続けることで建物として成熟し、エネルギー消費を抑制する環境・設備技術になると期待される点などが高く評価されました。

 竣工当時から5号館の計画・検証に携わっていた矢部暁さん(2016年3月、工学研究科修了)は「竣工後は、先生や企業の方と実測計画を行い、実測については学生と協力して取組みました。複数の実測・データ整理を行いましたが、なかでもダブルスキンは思い入れが強く、計測機器の使い方をメーカーに電話で尋ねて学び、初めて行う日射遮へい係数などのデータ整理は、先生や企業の方に相談しながら進めるなど、成果とするまで苦心したことを覚えています。私にとって5号館と過ごせた日々は二度と経験することのできない学習の場となりました」と語りました。

5号館のこれまでの受賞歴

 受賞日 受賞名 団体名
2016年11月 一般建築物部門優秀賞 第60回神奈川建築コンクール
2017年4月 JIA環境建築賞 一般建築部門:優秀賞 公益社団法人日本建築家協会
2017年5月 振興賞・技術振興賞 公益社団法人空気調和・衛生工学会

 

投稿日時:2017-05-17 15:00:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.