10月12日(日)に行われた神奈川大学野球秋季リーグの関東学院大学対神奈川工科大学戦で、硬式野球部の渡辺政孝投手(経済学部4年)が、ノーヒットノーランを達成しました。ノーヒットノーランは神奈川リーグ史上19度目。この試合を8-0で勝利した関東学院大学は、リーグ戦2位が確定し、明治神宮野球大会への出場をかけて横浜スタジアムで熱戦が繰り広げられる関東地区大学野球選手権大会(10月27日~30日)に駒を進めます。

この試合で先発した渡辺投手は、四死球で出塁は許すものの8回表まで2塁を踏ませないピッチングを見せ、ノーヒットノーランで相手打線を封じ込めました。味方打線も、2回裏に満塁のチャンスで金田達郎選手(人間環境学部3年)がライト前ヒットを放って先制すると、6回までに8点を奪って渡辺投手を援護しました。

ノーヒットノーランを達成した渡辺投手は「調子がよかったのでこれはイケるかなと思っていましたが、ノーヒットノーランは考えていませんでした。スコアボードを見て、ここまでノーヒットだということに5回になって気づきました。ノーヒットノーランを達成できたことはうれしいですが、何よりこの試合に勝って関東地区大会出場を決めれたことがうれしかったです」と試合を振り返ります。また、「1試合1試合を大事に戦って、明治神宮大会への出場を勝ち取りたい」と関東地区大会への意気込みを語りました。

明治神宮野球大会に向けて試合に挑む関東学院大学硬式野球部に、ご声援をお送りください。

 

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.