この秋、法学部で神奈川新聞社と連携した授業がスタートしました。法学部の学生を対象にした科目「現代社会の課題」の中で、新聞記者が秋学期に5回講義を行います。10月15日(水)には、神奈川新聞の記者を招いた第1回目の講義が行われました。

この日の講義を担当したのは報道部の渡辺渉記者。渡辺記者は、県内外を取材し、防災や減災をテーマに記事を執筆。2011年の東日本大震災発生以降に神奈川新聞で連載されている「減災新聞」を担当しています。神奈川県では、南海トラフ地震などでの被害が想定されており、将来起こりえる災害に備えて過去に学ぼうと、かつて神奈川県に甚大な被害を発生させた関東大震災を中心に講義が行われました。

1923年に発生した関東大震災は、相模湾沖を震源に関東地方に大きな地震が発生し、神奈川県でも32,838名が亡くなるなど甚大な被害が発生しました。渡辺記者は、東海道線根府川駅付近での土砂災害による電車転落事故や、茅ヶ崎市で起こった液状化被害などについて、体験者や当時の記録を取材した経験をもとに関東大震災について学生たち説明していきました。

渡辺記者は「災害に備えて、過去を振り返りながら少しづつ準備をしていくことが大切だと思っています。また、そうしたことを紙面を通じて伝えていければ」などと学生たちに語りかけて、授業を締めくくりました。

授業終了後に提出されたレポートでは「関東大震災がどれくらいの規模や被害があったのか知らなかったし、火災による被害が大きかったことに驚きました。震災が起きたときに備えていこうと考えました」「大震災の中で助け合った話や、重機がない中で力をあわせて関東大震災が5年で復興したことに驚きました」などと、学生たちからの感想が寄せられました。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.