7月19日(木)に、来日中だった韓国・韓南大学の李悳薫(イ・ドックフン)総長らが、2007年から関東学院大学との間で締結している学術交流協定の更新などのため横浜・金沢八景キャンパスを訪れました。

 韓南大学は、1956年に米国人宣教師によって設立されたミッションスクールで、韓国第5の都市である太田広域市に立地しています。9学部5研究科に、約1万4000名の学生が在籍する総合大学です。今回は、李総長が昨年新たに就任したことにあわせ訪日し、日本国内の連携大学を訪問しました。

 李総長らを迎えた関東学院大学の規矩大義学長は「こういう機会を通じて、より一層の深い関係を築いていきたいと思っています。学生の留学に留まらず、大学同士でよりよいお付き合いをしていければ」などと挨拶しました。李総長は「ミッションスクール同士、より精神的な交流を深め、より深く太い関係を築いていければ」などと応じました。

 李総長は、大学院生時代に日本で経営学を専攻し、慶應義塾大学で博士号を取得しています。キリスト教精神を重んじてきた歴史や、産官学連携を推進する体制など、両校に共通する取り組みを確認し、より積極的な交流関係の構築を約束しました。関東学院大学と韓南大学との間では、2007年以来、多くの留学生の派遣・受け入れを通じて国際交流事業を進めてきました。今回の李総長の来日にともなう意見交換を通じて、より積極的な交流を推進していきます。

協定書を手にする規矩大義学長(左)と韓南大学の李総長


投稿日時:2017-8-3 12:30:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.