関東学院大学準硬式野球部は、8月21日(月)から26日(土)に香川県高松市のレグザムスタジアムなどで開催される第69回全日本大学準硬式野球選手権大会に出場します。初戦は、東北地区の青森大学との間で22日(火)に香川県営第2野球場で開催されます。

 4月から5月に横浜市中区の横浜スタジアムなどで熱戦が繰り広げられた神奈川大学準硬式野球リーグ戦(春季)を、8勝2敗の1位で突破した準硬式野球部。6月4日(日)には、東京都八王子市の八王子市民球場で行われた関東地区の全日本出場予選会に出場しました。 東都大学準硬式野球リーグ3位の専修大学と対戦し、最終回が終了したところで3-3の同点。そのまま延長タイブレークに突入すると、10回裏に佐藤光選手(経済学部3年)がサヨナラヒットを放ち、全日本大学選手権への出場権を勝ち取りました。

 「専修大学との試合は、チーム総力戦。気持ちで勝てた試合でした。慣れないタイブレークで、10回表を0点に守りきったことが大きな勝因です」と話す主将の山口達也選手(経済学部4年)は「僕たちが目指しているのは、全国制覇です。強豪校ばかりの大会ですが、チーム一丸となって戦っていきたい」と意気込みます。

準硬式野球部の、活躍にご期待ください。

専修大学との試合で勝利し歓喜する準硬式野球部


投稿日時:2017-8-10 17:35:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.