9月30日(土)、10月1日(日)、みなとみらい地区クイーンズスクエア横浜で開催された「ヨコハマ大学まつり2017」に関東学院大学が参加しました。ヨコハマ大学まつりは「大学と地域がつながるまち」をテーマに、横浜市民の方々に大学について知ってもらい、より身近に感じてもらおうと、横浜市内にキャンパスを持つ大学が集結し、ワークショップやステージ発表を行うイベントです。5年目となる今回、関東学院大では子ども向けのワークショップの実施や、学生によるパフォーマンスを披露するなどしました。

 30日には、教育学部が読み聞かせ会を、理工学部の応用化学コースが身近な材料を使った分光器を制作するワークショップを実施。また、法学部地域創生学科は、地方公務員の仕事について紹介するキャリア講座を催しました。また、1日には教育学部が折り紙を利用した数学のワークショップを、建築・環境学部が構造設計に関わる仕事について紹介しました。この他に、ストリートダンス部「BepHop」と、よさこいソーランサークル「誇咲」がステージでパフォーマンスを披露しました。

 読み聞かせを行った林亜紀さん(教育学部3年)は「今日、はじめて対面する子どもたちだったので、どんな反応が返ってくるか心配していました。物語の内容を、子どもたちが楽しそうに聞いてくれてよかったです。将来は、絵本の読み聞かせを通しながら子どもたちとコミュニケーションをとれるような幼稚園の先生になれれば」などと話しました。

投稿日時:2017-10-12 14:15:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.