関東学院大学は、神奈川県三浦市との間で「連携及び協力に関する協定」を締結しました。11月22日(水)には、三浦市役所で両者の代表者が出席する調印式が執り行われました。

 調印式で、吉田英男市長は「関東学院大学は地元・神奈川の大学で、三浦市とも近い距離にありますので、連携を強化して学生さんに三浦に親しんでもらえれば」と挨拶。規矩大義学長も「近隣の地域から、かわいがっていただける、育てていただける大学にしていければ」と応じました。

 これまでにも、関東学院大学の教員が三浦市の審議会の委員として参加したり、2017年4月に開設した法学部地域創生学科の科目に三浦市の吉田市長や職員が登壇するなど、関東学院大学と三浦市は良好な関係を築いてきました。今回、包括的な協定を締結したことで、より連携を強化し、地域の持続的な発展に寄与していきます。今後は、人事研修を目的に関東学院大学の一部の科目を三浦市の職員向けに開放する他、三浦市が関東学院大学の学生をインターンシップとして受け入れる予定です。

 関東学院大学が、地方自治体と同様の協定を締結するのは、逗子市、葉山町、小田原市、鎌倉市につづいて5例目です。

協定書を手にする規矩学長(右)と三浦市の吉田市長


投稿日時:2017-11-24 10:10:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.