11月25日(土)に竹中工務店東京本店 ギャラリー エー クワッド(東京都江東区)で開催された第17回「住宅課題賞2017」公開審査で、建築・環境学部の菅野楓さん(3年)が優秀賞1等を受賞しました。

「住宅課題賞」は東京建築士会が毎年開催している設計競技で、首都圏にある37大学48学科が、授業で制作した住宅課題における作品を1点ずつ各校の代表作品として推薦・展示します。全作品の中から「優秀賞」3作品(1等~3等)及び各審査員が1作品ずつ選出する「審査員賞」5作品が選出されます。一次審査である審査員の事前巡回審査では作品のプレゼンテーションを実施。その後、二次審査、最終審査を経て、菅野さんの作品「2戸の都市住宅」が優秀賞1等を受賞しました。

 菅野さんは、課題である「都市/住宅」という抽象的なテーマと、アートによるまちづくりが進められている「黄金町」(横浜市中区)という立地環境から、男性2人が住む家を提案。2人は同じ建物で空間を分け合って生活しますが、建物の中で出会うのは1階の玄関と6階のみ。自分以外の人の住まい方に影響され、また影響を与える、黄金町でしか実現できない住宅です。

「展示会への出展のおかげで、自分の作品を人に見てもらえるレベルまで完成度を高められたことが一番の収穫です。また、他大学の作品からは、自分にはない技術や考え方、表現の仕方を学び、とても刺激を受けました。」と菅野さん。

 今回、「都市/住宅」という課題を、菅野さんをはじめとする建築・環境学部の学生に課した指導教員の粕谷淳司専任講師は、展示会に挑戦することの意義について、「学外の人から厳しい評価を受けることは、学生自身の成長につながります。今回の菅野さんの受賞は、学外の厳しい環境の中でもトップレベルで戦えることを証明できた良い例となりました。」と振り返ります。

 菅野さんは、「今回の経験を活かし、今後も気を緩めずに授業に取り組みたい」と受賞の喜びとともに今後の抱負を語りました。

投稿日時:2017-12-13 15:00:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.