11月10日(月)~12日(水)に沖縄県国頭村で開催された全日本学生ボ-ドセイリング選手権(個人)で、関東学院大学ウィンドサーフィン部に所属する倉持大也さん(人間環境学部2年)が男子2位、山辺美希さん(人間環境学部3年)が女子4位を勝ち取りました。

ウィンドサーフィンは風の力を利用して海上を滑走するウォータースポーツで、最高で80km/h程度のスピードが出ると言われています。関東学院大学はウィンドサーフィン部は、1981年の創部以来全日本学生選手権(団体)優勝10回を果たすなど、同競技の強豪として知られています。

今年の全日本学生選手権(個人)には各地区の予選を勝ち抜いた男子109名、女子50名が参加。3日間かけて9レースが行われ、合計ポイントで順位が決定します。倉持さん、山辺さんともに、1日目から上位をキープして9レースを戦い抜き、それぞれ入賞を果たしました。

倉持さんは「目標は優勝でした。なので、表彰台に上がれてホッとした気持ちはありましたが、2位という結果には悔しい思いの方が強かったです」と大会を振り返ります。山辺さんは「3月には団体の全日本学生選手権が開催されます。目標は、3年ぶりの優勝。個人戦でも来年には、表彰台の一番高い場所に立ちたいです」などと今後の目標を語ります。

ウィンドサーフィン部は、鎌倉市の材木座海岸で練習に励んでいます。今後の活躍にご期待ください。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.