関東学院大学は、所在地である横浜市金沢区に隣接する横須賀市と、密接な連携・協力関係を築き、地域の持続的発展や課題解決、教育研究力の向上に取り組んでいくため「連携及び協力に関する協定」を締結しました。4月25日(水)には横須賀市役所で上地克明市長と規矩大義学長らが出席する調印式が執り行われました。

 調印式で、上地市長は「4月からは私が市長になって策定した『横須賀再興プラン』がスタートしています。『横須賀再興プラン』では、研究機関や大学との連携による取り組みを、最重点の施策として非常に重要なものと位置づけています。この節目の時期に、関東学院大学との連携協定を締結できたことに非常にうれしく感じています」と挨拶。規矩大義学長も「地域に育ていただく、かわいがっていただく大学になることが一番の思いです。地域も大学も一緒に発展していければと思っています。横須賀が元気になるようなことを1つでも2つでもできれば」などと応じました。

 関東学院大学と横須賀市では、長年にわたって良好な関係を構築し連携を進めてきました。今回、包括的な協定を締結したことで、より連携を強化し、地域の持続的な発展に寄与していきます。

 関東学院大学が、地方自治体と同様の協定を締結するのは、逗子市、葉山町、小田原市、鎌倉市、三浦市、神奈川県、茅ヶ崎市につづいて8例目です。

協定書を手にする規矩学長(右)と横須賀市の上地市長


投稿日時:2018-4-28 12:40:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.