11月23日に東京都江東区で、関東学院大学のボランティアサークルが「海の森あおぞらフェスタ2014」というイベントの「あおぞらアミューズメント」というプログラムに様々なゲームコーナーを出展しました。

「海の森あおぞらフェスタ2014」とは、東京湾に浮かぶ、ゴミと建設発生土で埋め立てられた中央防波堤内側埋立地に苗木を植え、市民が力を合わせて美しく豊かな森に変えるプロジェクト『海の森づくり』を応援する企業やNPOなどが集まり、企画・運営している環境イベントです。普段は入れない海の森で、子どもたちがいろいろな角度から海の森を体験できるコーナーを数多く設置し、参加者の身近にあるゴミや自然環境についてあらためて目を向けてもらうきっかけになることを目的としています。

関東学院大学から参加したのはボランティアサークル「HAPPY SMILE」。小学校の教員を志望している学生が中心のサークルで、普段は横浜市金沢区の小学生を対象に「子どもと学ぶ」「子どもと遊ぶ」活動、企画を行なっています。今回は、NECネッツエスアイ株式会社からの呼びかけがあり、参加しました。

内容は、誰にでも海の森を楽しめる企画として、輪投げ、竹馬&竹ぽっくり、ストラックアウトなど様々なゲームを提供しました。来場した子どもたちは夢中になってゲームに挑戦し、学生たちも楽しそうにそれを盛り上げます。

HAPPY SMILE代表の菊池美紀さん(人間発達学科2年)は「いつもは小学生が相手なのですが今日はもっと小さい子が来てくれたり、いつもは体育館などで活動しているのですが、こんな広い場所で子どもたちと触れ合えたり、NECネッツエスアイさんとコラボすることで、普段できないことができて世界が広がりました。さらにNECネッツエスアイさんから『またやろう』と声をかけていただけてうれしかったです」と、子どもたちだけではなく、自分たちにとっても良い経験になったことを教えてくれました。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.