12月13日(土)に横浜・金沢八景キャンパスにおいて、経済学部が中心となり、第9回日経STOCKリーグの学内発表会を開催しました。

日経STOCKリーグとは、日本経済新聞社が主催する中高校生、大学生向け株式学習コンテストです。今回開かれた発表会は、このコンテストにレポートを応募する学生グループが応募前に学内で発表し、その中で順位を競うというものです。当日は、群馬大学の2チームを含む8チームが参加し、コンサルタント会社社長や金融系に勤める卒業生など計4名の審査員を迎えて開かれました。

学生たちは、投資をしようと考えた具体的企業名、購入株数、購入金額、またその背景、具体的根拠などを説明。それを受けて審査員からは、理論に不備がないか、選んだ根拠が弱くないかなど厳しい質問が飛びます。また、よい案に対しては、具体的にどこが良いかなどを説明しました。

参加チームの指導教諭の一人である山本勝造准教授は「発表会をレポート提出前に行うことによって、質を高めてからレポートを提出することができるんです」とその効果を語りました。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.