陸上競技部は、12月14日(日)に、横浜・金沢文庫キャンパスで近隣の子どもたちを対象にした「走り方教室」を開催しました。このイベントは、子どもたちの体力づくりのお手伝いをしようと2012年から開催してきました。教室を開催する度に、多くの小学生が参加してきました。これまで参加した児童の保護者から「大人向けにも走り方を指導してほしい」という要望が多かったことを受けて、今回から「一般の部」も開催。約220名が、陸上競技場で汗を流しました。

小学校低学年、小学校高学年と中学生、大人のグループにわかれた参加者たちは、入念に準備を運動をした後に、コーチの指導のもと、陸上競技部の学生たちと一緒にトラックを駆け抜けます。身体の動かし方を中心に

陸上競技部の坂井進矢さん(経済学部3年)は「子どもたちといっしょに楽しく走ることができました。あらためて、走ることの楽しさを感じることができました」などと振り返りました。

お昼時には、野球場の食堂を会場に、スポーツをする小中学生にあわせたメニューを組み合わせた食事ができる「アスリート食堂」をオープンしました。

メニューはスポーツ栄養などが専門の菅洋子専任講師と健康栄養学科の学生たちが考案したものを提供。子どもたちは盛りつけられたメニューを美味しそうに頬張ります。

また、同日野球場では少年少女ソフトボールチームが参加する“関東学院大学カップ”の決勝大会を開催。熱戦が繰り広げられました。

この大会は、ソフトボールが盛んな横浜市金沢区と横須賀市のチームを対象に、硬式野球部の選手らが運営をサポートしながら開催しており、今回4回目を迎えます。今回の大会では、金沢区の釜利谷フェニックスが優勝しました。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.