12月7日(金)に、規矩大義学長らが中国の常州大学を訪問し、「教育連携に関する覚書」を締結しました。

 常州大学は、中国東部の江蘇省に所在する総合大学で、約26000名の学生が在学しています。近年、積極的な国際交流を進めていて、日本、米国、英国など世界の20の国と地域の高等教育機関との間で、協力関係を築いています。

 関東学院大学では、これまでにも常州大学との間で、相互の留学生の派遣・受け入れを進めています。また、2018年度からは常州大学日本語学科の学生が、中国での2年間の学修に加えて、関東学院大学の人間共生学部コミュニケーション学科で2年間の学びを修めることで、両大学の学位が取得可能となるダブルディグリー(複数学位)の制度も設けるなど、良好な関係を築いてきました。

 今回の訪問では、規矩学長は、陳群(チン・グン)書記(常州大学最高責任者)との間で覚書を締結。これを受けて、両大学間では、工学分野における大学院教育の連携強化など、教育と研究双方において、より強固な関係構築をめざします。

 調印式で規矩学長は「より発展的な関係を継続するために、学生の交流だけではなく、教職員の交流も含めて積極的に進めていければ」などと常州大学との交流に期待を示しました。


投稿日時:2018-12-28 14:40:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.