関東学院大学は2014年9月17日(水)に、横浜市教育委員会と教員の養成から育成までに関わる協定を締結しました。その一環として、2015年1月16日(金)に、横浜市教育委員会教職員育成課 矢田弘首席指導主事を講師として招き、授業を行いました。授業には、教員免許の取得を目指す学生、約30名が出席しました。

横浜市では教員の大量退職・大量採用が続き、教職経験が浅い教員の割合が増加しています。そのため、優秀な人材の確保と育成を目指して、結ばれたのが今回の協定です。

現在は教育委員会に配属されていますが、もともとは教員として教壇に立っていた矢田主事。この日は、教職課程の授業である「教職実践演習」を担当しました。講義では、まず、横浜での教師力向上の取組が紹介され、学生たちは教員になったあとにどのように成長していけるのかを具体的に認識します。次に教員に求められる資質や能力を説明され、なるべき教員像を明確にしました。最後に、矢田主事より学生たちに期待していることを伝え、学生たちはモチベーションを高めました。

矢田主事は「大学で教員を目指した新鮮な気持ちはずっと持っていてほしい」「教員にとっては、『40人の子ども』でも、保護者の方から考えたら『たった一人の子ども』という意識を持ってほしい」などと気持ちを率直に伝え、学生たちを勇気づけました。

関東学院大学では、今後もこの協定にもとづき、様々な取組を行っていきます。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.