関東学院大学ウィンドサーフィン部に所属する池田拓海選手(人間共生学部1年)が、4月9日(火)~13日(土)にスペイン・マヨルカ島で開催されたRS:X級のヨーロッパ選手権へ、日本セーリング連盟ユース五輪代表選手として出場し、29位という成績を残しました。

 本大会は、オリンピック日本代表選考レースに指定された最初の大会で、アジアからは日本の他にも香港、オセアニアからはオーストラリアが参加しました。海外のトップ選手たちを含む、22カ国、300人を超える選手が参加しました。

  ウィンドサーフィンは、決められたコースを走り1位から順に着順を点数化し、総得点の低さを競う競技です。池田選手は、良いレースでは10位を走るなどフランスやイタリアなどの強豪選手と接戦を繰り広げたものの、細かいミスが目立ち、総合29位、国別では9位という結果になりました。

 池田選手は、「1番良いレースでは海外の強豪選手との技術的な差はないことを証明することができましたが、自分のミスの数が多く、そこで海外選手より劣ってしまいました。今後は、ワールドカップ、インカレ、全日本選手権を控えているので、好成績を残せるよう頑張ります。」と意気込みを語りました。

 <今後の試合日程>
  2020 World Cup - Enoshima  2019年8月25日(日)~9月1日(日)
  全日本選手権 (テクノ293クラス)  2019年10月12日(土)、13日(日)
  全日本ボードセイリング選手権 個人戦 2019年11月16日(土)〜18日(月) 会場:沖縄県

 池田選手の今後の活躍にご期待ください。

 

投稿日時:2019-06-14 15:00:00
この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.