関東学院大学は、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が公募する「日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)」に応募し、この度採択されましたので、お知らせします。

 この事業は、アジア地域の優秀な青少年を短期間日本に招へいし、大学・研究機関などでの交流活動を通じて、人材・研究交流につなげることを目的として、2014年度からスタートした事業です。今回は、2019年度第2回審査として3月から6月に公募が行われ、267件が申請されていました。日本・アジア青少年サイエンス交流事業選考委員会による審査により、211件の交流計画が今回採択され、7月19日(金)にJSTのWEBサイトで発表されました。

 関東学院大学では、「先端材料と表面工学分野における若手研究者育成のための日印韓技術交流」をテーマに12月に交流事業を実施予定です。インドのバラティ・ビデャピース大学と、韓国のカトリック関東大学校および韓国海洋大学校から、大学院生や博士研究員12名が来校します。材料・表面工学研究所の所員による講義の受講や実験の体験などを実施します。この他に、同研究所と協力関係にある企業を訪問し、同研究所で開発された技術が具体的な工業製品に生かされている現場の見学なども予定しています。


投稿日時:2019-8-5 19:00:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.