横浜ビールとそごう横浜店、関東学院大学の3者がコラボレーションした「横浜」にこだわったビール「Belgian Wheat(ベルジャン ウィート)」が販売されます。

このビールは、今年9月にそごう横浜店が開店30周年を迎えることを記念して、酒係の若手社員が企画した商品で、醸造を地元のビールメーカーである横浜ビールに、ラベルデザインを地元の教育機関である関東学院大学に依頼。関東学院大学からは、人間環境デザイン学科の学生7名が挑戦しました。学生たちは、横浜ビールの工場を見学したり、レギュラー商品を試飲したりなどしてラベルデザインを制作。最終的に12作品の応募があり、その中から横浜の街並みや港に浮かぶ帆船などを描いた4年生の古澤優衣さんのデザインが実際の商品ラベルに選ばれました。

完成したビールは、横浜市内の農場で収穫された小麦を使用。苦味少なく小麦のほのかな甘みが感じられる優しい味わいに仕上がっています。

ラベルデザインを担当した古澤さんは「横浜に映える爽やかな雰囲気を青色で表現しました。そして、横浜の人々の暖かみをピンク色で表しました。このビールをきっかけに、横浜やビールが好きになってもらえればと思います」などとデザインしたラベルへの思いを語ります。

「Belgian Wheat」は、3月17日から横浜駅東口のそごう横浜店地下2階の酒売り場で販売される予定です。

   

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.