9月23日(月)、横浜・金沢八景キャンパス前を流れる侍従川の600mを利用して参加者がコンクリートでつくったカヌーでレースを行う第43回エコ・コンクリートカヌーコンペ2019を開催しました。

 このイベントは、建築を学ぶ学生にモノを作る楽しさや難しさを体験してもらおうと1976年にはじまり、今年で43回目を迎えました。学生たちは夏休み期間を利用して、乗船可能なコンクリート製のカヌーを仕上げていきます。当初は、カヌー製作時の型枠としてベニヤ板を利用していましたが、1997年から環境に配慮して廃ダンボールを代用するようになり、大会名称も「エコ」を冠するようになりました。

 43回目となった今回は、建築・環境学部の学生を中心に12チーム約80名が参加。侍従川に600mのコースを設置し、決勝戦を含め3レースを実施しました。まっすぐ進めないカヌーや、沈没するカヌーが競い合うなか、建築・環境学部の4年生を中心に結成されたチームが優勝しました。

 イベントの運営を担った学生実行委員長の小林公宗さん(建築・環境学科4年)は「夏休みにも準備をしながら進めてきました。4年生なので後輩や関係者のバックアップをしながら取り組みました。当日は雨の予報で、開催できるか心配でしたが、晴れた中での開催となり、ホッとしました。またコンペでは、多数のチームが完走できたことはとても嬉しいです。」などと振り返りました。

 


投稿日時:2019-9-25 14:00:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.