経営学部では、社会連携教育プラットフォーム「K-biz」を構築し、企業の現場の視点を取り入れた教育を推進しています。「K-biz」はさまざまな業種の企業が参画し、企業人と接しながら実際の社会的課題について考え、学び、その解決に取り組むことでビジネス的な視点を身に付けることを目的としています。今回、新たに日テレ アックスオンと電通が加わりました。

 

 
 

サポーターズ・ネットワーク参画企業(11社)

株式会社日テレ アックスオン (新規)
株式会社電通 (新規)
アーバン・コーポレーション株式会社
株式会社KADOKAWA
京浜急行電鉄株式会社
相鉄ホテル株式会社(横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ)
中外製薬株式会社 
株式会社野毛印刷社  
株式会社毎日新聞社 
株式会社三菱UFJ銀行
株式会社モスフードサービス

 

 この社会連携教育プラットフォーム「K-biz」のもと、多数のプロジェクトに学生が参加しているほか、経営学部と参画企業による「K-bizアドバイザリーボード」を定期的に行っています。9月18日(水)には、今回加わった2社が初参加となる第6回アドバイザリーボードが関東学院大学金沢八景キャンパスで行われ、電通スポーツ事務局の花内氏による講演や、関内エリアにおける新たな連携プロジェクトに関する意見交換が行われました。

 2022年の横浜・関内キャンパス移転に向けた経営学部の取り組みに、引き続きご期待ください。

 

K-bizプロジェクト事例

K-bizマルシェ【関東学院大学×京急電鉄×京急百貨店】

コラボ手土産プロジェクト【関東学院大学×崎陽軒×横浜ウォーカー】

志プロジェクト【関東学院大学×富士ゼロックス×横浜信用金庫×野毛印刷】

 上記以外のプロジェクトも進行中です。随時、本ホームページのNEWSやTOPICSでご紹介していきます。







投稿日時:2019-10-02 13:30:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.