2015年1月に、関東学院大学航空部に所属する外池治さん(工学部3年)が、自家用操縦士技能証明(免許)を取得しました。

航空部は、日々グライダーの操縦技術向上のため、練習に励んでいます。グライダーとは、エンジンなしで飛び続けるために、空気抵抗を小さくし、翼を長くした航空機です。エンジンがないため、自力の離陸ができません。そのため、ウインチと機体を約1kmの曳航索(金属または化学繊維製のワイヤーロープ)でつなぎ、曳航索をウインチが高速で巻き上げることによって飛びます。その後、上昇気流などを利用し飛行するというものです。

試験に合格後ようやく証明書を手にした外池さんは「入学当初、大学でなければできないことに取り組みたいと考えていました。乗り物が好きだったので、ヨット部や自動車部も考えたのですが、どこの大学にでもあるわけではない航空部に入部をしました」と入部したきっかけを話します。また、「入部したときは部員が6名しかいなくて、部の運営だけで手がいっぱいでした。でも、今は10名を超える部員がいます。その部員みんなで練習場のある埼玉県熊谷市で練習に取り組めたので、今回免許を取得できたのではないかと思います」と部員への感謝も口にしました。

今回の免許取得により、外池さんは関東大会に出場できるようになりました。関東大会を勝ち抜き全国大会を目指す外池さんに、声援をお送りください。

このニュースについてのお問い合わせ

関東学院大学 広報室

住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
TEL 045-786-7049
FAX 045-786-7862
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.