本日(12月8日(日))に、埼玉県熊谷市の熊谷ラグビー場で行われた関東大学ラグビーリーグ戦グループ1部・2部入替戦で、関東学院大学ラグビー部が31-28で拓殖大学(1部7位)に 勝利し、1部復帰が決定しました。

 ラグビー部は、今季リーグ戦2部で6勝1敗勝点25の2位で、入替戦への挑戦権を手にしていました。この日の入替戦は、試合序盤で鈴木伊織選手(経済学部4年)のトライで先制します。両チーム激しい攻防が続きますが、前半終了時点で17-14で3点をリード。後半は、拓殖大学が巻き返し途中相手のリードを許しますが、試合終了間際に、小出惇矢選手(経済学部4年)と福士萌起選手(経営学部3年)の立て続けのトライなどにより逆転。その後、拓殖大学による激しい攻撃を耐えて3点差を守り抜き、31-28で歓喜のノーサイドを迎えました。

 この試合の結果、関東学院大学ラグビー部の来シーズンは、2017年度以来のリーグ戦1部が舞台となることが決定しました。

 

 試合後、鈴木伊織主将は「最高にうれしいです。ゲームを振り返ると前半は先制し、良い形でゲームを運ぶことができました。後半はコーチ陣から相手ペースになる時間があるから我慢しろという指示もあり、ここで我慢して、自分たちがアタックすることで必ず逆転できると信じてプレーできました。レフリーのホイッスルが鳴った瞬間、今までの辛かったことが吹っ切れたような最高の瞬間でした」などと喜びを語りました。

 関東学院大学ラグビー部の、来季の活躍にご期待ください。

 

top


投稿日時:2019-12-8 17:25:00

この記事についてのお問い合わせ
 
関東学院大学 広報課
 住所 〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
 TEL 045-786-7049
 FAX 045-786-7862
 E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

LINEで送る

 


 







Copyright © Kanto Gakuin All rights reserved.